house in shizuoka05
house in shizuoka06
house in shizuoka10
house in shizuoka13
house in shizuoka11
house in shizuoka15
house in shizuoka16
house in shizuoka55
house in shizuoka20
house in shizuoka22
house in shizuoka23
house in shizuoka49
house in shizuoka53
house in shizuoka50
house in shizuoka30
house in shizuoka31
house in shizuoka27
house in shizuoka60
house in shizuoka59
house in shizuoka62
house in shizuoka67
House in MAGARIKANE

曲金の家 改修工事

静岡市内 曲金(まがりかね)にある住宅の改修を依頼された。

かれこれ30年前に入江一央氏・入江京氏により設計されたこの家は、
当時の建築雑誌にも掲載されており、「〈内〉と〈外〉の間Ⅱ」という明確な意思のある住宅である。
そのコンセプトはそのままに、前からそうであったかのようなデザインを心掛けつつ、
現代の設備などが共存するように設計した。
リビングダイニングには、公と私の境界線ともいえる間仕切りがあったが、
現代においては、良い意味での公私混同が生活をより豊かにすると考え、
間仕切りを取り去り、多目的に利用できる4mの大きなテーブルを製作した。

改修前の家(1990年の「住宅特集」掲載内容)

© 2019 KOIZUMISEKKEI.ltd. All Rights Reserved